とにかく安いサッポロ。ホワイトベルグに限定製造版が!

f:id:slices:20151108051501j:plain

ホワイトベルグ。僕が大好きなビールだ。爽やかな飲み口でスッキリしていておいしい。しかもお値段100円前後で庶民の味方。底辺の僕にも味方。その限定製造版「ブラウンベルグ」というのが発売されていたので買ってみた。


よなよなエールからホワイトベルグへ

まず僕がホワイトベルグを好きになったきっかけがある。それは「よなよなエール」というビールだ。面白い名前だなあと思って何の気なしに買ってみたのだけど、飲んでみるとその爽やかさに魅了された。

こんなビールがあるんだ、それも日本で作ってるんだと驚いた。今まで日常的に飲んでいたビールにはなかった華やかさを覚えている。のどごしの切れ味を求める一般的な国産のビールとは違った、味わい深いビールだった。それでいて瓶詰めで売っているような地ビールほど値段が高くない。以来ハマってしまった。

とはいえ普通のビールよりはちょっと高い。僕はたまにしか飲めなかった。

そんな時に出会ったのがホワイトベルグ。よなよなエールの半分くらいの価格で似たような味わいを楽しめた。そういうわけで、今でもよなよなエールを買うこともあるが、やっぱり手に取りやすいのはホワイトベルグになっていった。

まあ僕の最近のビール遍歴はどうでもいいだろう。今回はブラウンベルグだ。

  

f:id:slices:20151108051543j:plain

ブラウンベルグはホワイトベルグと同価格で、限定とはいえリーズナブルさは健在。僕はドン・キホーテで買ったのだが、350ml缶が1本なんと99円だった。

この折に、いつから発売しているものなのか調べてみたら、もう製造が終了してしまっている「ゴールドベルグ」というものもあったと知った。うーん外には出るべきだな。全然知らなかった。

ゴールドベルグ詳細>>エイジゲート | サッポロビール

 

そしてどうやらブラウンベルグは、2015年10月27日から数量限定で発売されているということがわかった。ドン・キホーテの商品棚にホワイトベルグはいっぱいあったのだけど、ブラウンベルグは2本だけだった。結構売れているのかな。

 

とにかく安いサッポロ

味はといえば、期待を裏切らず良かった。ホワイトベルグにもっと苦味を足した感じだ。
もちろん普通に美味しいビールなのだけど、とにかく安さに驚きだ。この値段でこの美味しさならホイホイ買ってしまうなあ。ジュースより安いんだもの。

僕としてはホワイトベルグの方が好きだけど、キャラクターが違うので同じく楽しめるなと思った。普通のビールを安く飲みたい時はブラウンベルグがファーストチョイスになるかもしれない。限定じゃなく継続的に販売してほしい。


意外とビールよりも第3のビールの方が好きって人はいる。ビールより少し軽い飲み口が良いらしい。税金を逃れるために作った第3のビールが、また新しい価値を創り出していて素晴らしいと思う。日本の酒類業界はすごい。

 

広告を非表示にする