人と合わせるというのは難しいなと思う今日この頃。

意見の食い違いで、常に自分が折れられればいいと思う。スムーズに物事が決まっていく方がいい。波風立たない方がいい。多少の違いは許容できるはずだ。


どうしても折れられない時は

だけれども、それは明らかに違うよねって思うことがある。「それでは必ず失敗する、その意見は飲めない」と思う時がある。

そう自分が思ったら、沈みかかる(と僕は思っている)船には乗りたくない。まだ拒否できるうちは拒否したい。その意見を変えたい。

そうすると話し合いが必要だ。


話し合いたいけれど

その意見を変えて僕の意見を通すために、何でこの人はこんな意見を言うのか、相手の立場になって考える。そういう視点で気がついたことを指摘する。

「あなたはこういう立場だからその意見だとは思うんだけれども、この場合だと対応できないのでは?」と。

その指摘が図星をつくからだろうか、返答がなく会話が成り立たなかったりする。気がついたらなんだか僕だけが喋っている状態。

もちろん、僕の意見が正しいとは限らないわけだけど、レスポンスがないと話は転がっていかない。僕が気がつかないこともあるはずだし、きちんとした理由のもと話し合えれば、より良い結果になるはずなのに。


知らずに出ているイライラ

きっと僕の音葉の端々に攻撃性があるんだろう。何かもっと柔らかい言い方で、みんなで落としどころを探っていこうという姿勢が自然と出ればいいんだけど。

なんでそんな明らかに間違った意見を言うのか、という思いから僕も多少腹が立っていて、それが出てしまうのだろう。だから攻撃的な物言いをしてしまっている。

そんな攻撃的な奴の意見は、正しかったとしてもその場では飲み込めないよね。上記のような聞き方じゃあマズいなと思う。

それに気がついて、その場で自己嫌悪に陥っていく。

 

自分の意見が否定されたら誰でも嫌な気持ちになる。反発したくなる。話し合いのどこかの段階で感情が入ってしまうと、もうダメだ。

だだ、感情が入らないように意識して振る舞えば、どこか冷たくて角が立つ。合わない人とは、そのバランスが特に難しい。

 

山路を登りながら、こう考えた。
智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。

夏目漱石の「草枕」の冒頭の一節だ。

広告を非表示にする