モノによって人が変わる。

「形から入る」って、どういう事だろう。なんだか言葉だけ聞くと、流されやすくてこだわりの無い、うすっぺらいことのような気がしてくる。

普段どういうときに使うだろう。僕は、なにか新しいモノを手に入れて使っているとき、人に突っ込まれた場合。そんなときのちょっとした気恥ずかしさをごまかすために使ったりする。
「いや〜僕かたちから入るタイプなんで」なんつって。謙遜するように。

 

モノによって人が変わる。

話は変わって、「テクノロジーが世界を変える」と思うわけだ。ちょっと前までスマホなんて便利なものはなかった。ツイッターfacebookなんてなかった。

僕はスマホを別にビジネスに使ったり、何か生産的に有用に使っているわけではない。けれども、生活は変わった。ウ⚪︎コを放り出す時には、ウ⚪︎コと戦いながらもスマホをいじっている。信号待ちの時、スマホをいじっている。長風呂に入りたいときは必ず防水ケースに入れたスマホを持っていく。隙間時間はほとんどスマホをいじっている。

なんとなしに雑誌を読むなんて事がなくなった。昔は良くやっていた、雑誌の立ち読みのつまらないことといったら。スマホは一つに飽きたらとっかえひっかえ、色んな情報を引き出せる。本、音楽、ゲーム、動画、sns、ラジオ、ネット。最高の暇つぶしツールだ。これ、生活変わってるよね。

今までになかったモノを得たことによって、自分の生活が変わる。生活が変わると人も変わっていく。考え方でも人は変わるけど、モノでも人は変わる。そのモノが習慣に組み込まれていくと、気がつかないうちにゆっくりと人格が変わっていく。

 

自分との戦い。
つまり、そのモノを手に入れることによって自分が良く変わっていけると想像出来るなら、そのモノはきっと手に入れるべきなのだ。たとえ形から入るようなモノだとしても。

とかいう自分への言い訳を考えたりしながら、Amazonでモノをポチるかどうするか考えている。

広告を非表示にする