ハイボール、酒飲みとアル中の間。

僕はお酒が好きだ。自宅で毎日のように飲んでいる。ご飯を食べながら飲むのが好きなのだ。主にビールやウイスキーが好きで、焼酎は飲めない。一杯目はキンキンに冷やしたビールで、後はハイボールっていうのが一番多い飲み方だ。焼酎が飲めない僕にとって、ハイボールは救世主的なものだった。

というのも、ハイボールは食事しながら飲めるというのが大きかった。僕はビールも好きだけど、ビールはすぐにお腹にたまってくる感じがして、ご飯とでは主役が2人みたいな感じであまりよろしくなかった。ハイボールはビールのようなお腹にたまる感覚がなくて、ご飯の良きパートナーになった。ガンガン飲んで酔っ払ってその日だけは嫌なことを忘れられる。


ハイボールを知ってから明らかにお酒を飲む量は増えた。以前からウイスキー自体は好きだったのだが、ロックで飲んでいたので量はそこまで多くなかった。ロックでも美味しいウイスキーとなると値が張るから、大事に味わいながらちびちびと飲んでいた。量より質な飲み方というかなんというか。

ハイボールとなると安いウイスキーでもそれなりに美味しい。経済的なのだ。後は炭酸水を買いだめしておけば手間もない。飲む量が増えない理由がない。どんどんエスカレートしてきている。


ただ、最近量が増えてきて、経済的とは言いがたくなってきた。なんだかよくお酒を買いに行っている気がする。

 

超えてはいけない一線

そうするとスーパーなどで、3リットルくらい入っていそうなペットボトルタイプのウイスキーが目に入ってくる。今までは見えていなかったのに、射程圏内に入ってくる。自分が飲んでいる量では、このタイプを買った方が経済的な気がする。というか買いに行く手間も考えると実際そうだろう。

しかし、しかしだ。あれを買ってしまうともう後戻りができなくなってしまう気がする。超えてはいけない一線のように見える。アル中さんの背中が見えてくる気がするのだ。

 

というわけで、今現在はウイスキーを買うときはボトル2本までというルールを自分に設けた。家に常に2本あれば1週間くらいはもつ。なくなったときには買い出しが面倒だったりして、そのためたまには休肝日が必要だと思うようになる。なんとかぎりぎりで押しとどめているつもりである。