音楽

荒削りなものの良さ。ヒロトとシーナがロックンロールを始めたきっかけ

ツイッターでシーナ&ロケッツの2人とクロマニヨンズの甲本ヒロトがインタビューを受けている昔の雑誌の切り抜きを見た。 そこで語られていたのは少年時代の甲本ヒロトのエピソード。シーナ&ロケッツがラジオに出ると聞き、その放送局が家から近かったため父…

歳を重ねてくると言いたいことがなくなってしまうということ

ラジオを聞いていたら、ミュージシャンが30歳を超えると言いたいことがなくなって歌詞がかけなくなり、曲が作れなくなる、という話題があった。 ぼくはまさに30代でバンドマンをやっている。まさにこの理由で解散したバンドがあった。 ぼくはそのバンドに途…

17歳の時にキングブラザーズに出会ったときのこと

さてネタがないので今日も今週のお題で書く。お題は「転機」。 転機というと人生の転機を思い浮かべる。僕にとっては割と明確に人生の転機があった。18歳高校生、ほとんどの人が受験勉強をしているときだ。 僕はそこまでは割とまじめな普通の人間として生き…

ミッシェル・ガン・エレファントの『カサノバ・スネイク』の頃のバンドTシャツの思い出

さて今日も1日1記事書くぞとはてなを開いたらトップにこんな記事が。 ataso01.hatenablog.com タイトルでそそられる。そうかバンドの物販はダサくなるのか。なぜなんだろう。開いてみるとかなり大量にまとまっている。さらっと見ていると確かにダサいような…

ロックンロールをやるならば音が大きい方が格好いいのだろうか

ロック、とりわけ硬派なロックにおいてはライブで演奏する音が大きいということをある種ステータスに感じている人がいるのかもしれない。 というか昔の僕がそうだった。ロックンロールが好きだった10代の僕にとって、音量が大きいというのはかっこいいことの…

音楽の好みは14歳で決まる。やはり歳をとると人は変われなくなるのだろうか

真っ先にハイロウズの名曲、『十四才』を思い出すニュースだ。大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されているということが最新の研究によってわかってきたらしい。 fnmnl.tv 音楽の好みを形成する年は思春期の終わり これまでなんとな…

黒人が怒っている動画にビートを流したらヒップホップになったという動画にみるリズム感の話

黒人が怒っている動画にビートを流したらヒップホップになったという動画が話題だ。 www.youtube.com めちゃめちゃ良い。動画自体はアイディアの勝利という感じだが、それよりも何よりも本当に「怒っているだけの言葉が音楽になっている」というのが衝撃的だ…

CD再生機器がないのが普通の今は「CDが売れない時代」ではなく「なぜかCDが売っている時代」?

こんなツイッタまとめを発見。 togetter.com 僕の家にも気がついたらもうCDを再生する機器がなくなった。そんな境遇の人は実は多いのではないだろうか。 ちょっと前までは音楽業界が「CDが売れない時代」と嘆いていたけれど、この状況はむしろ「なぜかまだCD…

散々悪事を働いた人類の子供がなぜ「きっとかわいい女の子」なのか

久しぶりにブランキー・ジェット・シティの『悪いひとたち』という歌を聴いた。これは1992年11月9日にリリースされたシングルで歌詞に問題があったため当時のメジャーレーベルからは発売できずインディーレーベルの東京ピストルからリリースされたシングルで…

ザ・クロマニヨンズはライブの後に打ち上げをしないらしい。好き。

最近、ザ・クロマニヨンズが新譜を出したようで、各所メディアで目にすることが増えた。僕はハイロウズまでしか聞いていないのだけど、ネットの記事にインタビューがあったらたまに見たりしている。 そのインタビューで面白いものがあった。 news.yahoo.co.j…

ロバート秋山の「マイクロズボラ」が面白い。家事のちょっとした手抜きあるある

youtubeを見ているとたまにある、飛ばせない広告。僕は1分以上の広告が出た時にはリロードするか、PCの音を切って他のことを始める。広告をそのまま流して見ているということはまずない。 ただ、昨日の広告は最後までしっかり見てしまった。ロバート秋山が出…

昔は大好きだったはずの音楽が、今となっては聴けなくなってしまうということ

単に飽きたから、というわけじゃない。昔は大好きだったはずの音楽を今聞き返してみると、”聴けなく”なってしまうということがある。 聴けなくなるとはどういうことか? それは昔には気がつかなかった粗に気がついてしまい、それが気になって聴けなくなって…

ロックンロールの生みの親、チャック・ベリー氏死去。知らないのに知っている偉大な人

ロックンロールの生みの親と言われているギタリストであり歌手のチャック・ベリー氏が亡くなったというニュースが入った。 headlines.yahoo.co.jp 僕も多少なりとも音楽をやっている身なので名前くらいは知っている。しかしそもそもまだご存命だったとは知ら…

『この世界の片隅に』の主題歌はなぜフォーククルセダーズ「悲しくてやりきれない」だったのか

昨日、無事にこれが届いた。 『この世界の片隅に』の漫画版。映画を見てからすぐにポチっておいたものだ。 まだ読めていないが、パラパラとめくると愛嬌のある主人公のすずちゃんが可愛い。特に目が三本になる表情が素敵。 漫画の表紙絵からは漫画版の方が少…

【ダウンタウンなう】Takuya Nagabuchiの長渕剛のモノマネのクオリティーが高すぎる。

今日はまた長渕剛の記事を書こうと思う。昨日はFNS歌謡祭での長渕について(【FNS歌謡祭2016】長渕剛が初出演で世の中を批判する魂の叫びを披露したことについて )、今日は『ダウンタウンなう』での長渕についてだ。 あなたとハシゴ酒 『ダウンタウンなう』…

【FNS歌謡祭2016】長渕剛が初出演で世の中を批判する魂の叫びを披露したことについて

今日は「FNS歌謡祭2016」の話題がニュースになっていた。昨日フジテレビで生放送された番組である。 ここでトリとして長渕剛が出演し、ワイドショーや歌番組、マスコミなどを批判したということが話題になっていたようだ。「FNS歌謡祭」で検索すると予測検索…

芸人のリズムネタが定期的に流行るのは何故なのか?SNS時代の共通体験

僕は未だにピコ太郎のPPAPをちゃんと見たことがない。ワイドナショーを毎週見ているからそこで話題になっていたのをちょろっと見たことがあるだけだ。 まあ、ぱっと見でも多分ちゃんと見ても僕にとっては好きなものではないことには変わりはない。とはいえ流…

【デマ】三浦建太郎が体調不良で執筆困難、ベルセルクが打ち切り。記事タイトルだけ読んでしまう問題。

とあるニュースサイトを見ていたら「【悲報】ベルセルク 打ち切りのお知らせ!? 作者 三浦健太朗氏が体調不良で執筆困難」というタイトルの記事が上がっていた。 まじかよと。当然そのページに飛んでみたわけだが、ヤングアニマルが発表したという文書には…

夏の終わりに聴きたい名曲6選。子供の頃を思い出すノスタルジックな名曲たち。

夏が終わる。別に8月で夏が終わるわけじゃないけど、8月31日には夏の終わりを感じる。 今日はよく風が吹いていた。さらっとした心地よい風だ。なおさら夏の終わりを感じてちょっとノスタルジックな気持ちになった。 夏の終わりに聴きたい名曲 夏が終わって「…

【ロックの日】梅雨の空を眺めながら聴きたいちょっと懐かしい日本のロック6選。

今日は6月9日。ロックの日である。ロックといえばすぐさまROCKが思い浮かぶが、ロック(LOCK=鍵をかける)方のロックの日でもあるらしい。 >>日本ロックセキュリティ協同組合 全国各地で改めて自宅の鍵を見直すという催しが行われているようだ。 ロックの…

THE YELLOW MONKEYが復活して最初にやる曲は何か?ニコ生のTOUR1曲目完全生中継を見て涙がちょちょ切れた夜。

THE YELLOW MONKEYが申年だからと活動を再開するというニュースを知った時は本当に嬉しかった。 復活したTHE YELLOW MONKEYは5月11日に東京・代々木第一体育館を皮切りに全国ツアーを展開している。そう、もう始まっているのだ。 ニコニコ動画ではこれを記念…

歳を取ると時間の経過を早く感じることが証明されたけど、ミュージシャンには通用しない実験だった件。

数日前にこんな記事を見た。 jpnpost.net 「年を取るとなぜ時間の経過が早く感じるのか」このありふれた話題について、科学的に証明されたという記事だ。 面白実験 個人個人が時間の経過をどう捉えているか、この記事ではなかなか面白い実験をしている。 実…

キテレツ大百科の主題歌、CHICKS「すいみん不足」を聞きながら二度寝をする幸せ

僕の好きな季節がやってきた。厳密に言うと好きな月だ。5月はとにかく気候がいい。そして、その気候のおかげでとにかく眠い。 春は二度寝の季節 春になって暖かくなってくると眠くなる。春は二度寝が最高の季節である。 冬にも二度寝をしてしまいがちだが、…

BABY METALがサマーソニック2016出演。夏フェスでアイドルを見るときに注意しておきたいこと。

昨日、サマーソニックのチラシを見ていた。今年はなんとレディオヘッドが来るらしい。 今年のサマソニはアツイと熱心に語る友人の横で僕は「知らないバンド名ばかりだなあ」とおっさんになったことを実感していた。 www.summersonic.com BABY METALがサマソ…

地味だけど目の付け所がタモリ倶楽部。今週は楽器屋で試し弾きされる曲ランキング

タモリ倶楽部、今週は楽器屋で試奏される曲ランキングだ。ミュージシャンが微妙に気になりそうな話題である。しれっとダウンタウン浜田雅功の息子、ハマ・オカモトが出ているのが笑える。 地味な話題の割にエレキギター、ベース、アコースティックギター、ク…

体幹トレーニングはプールの後の気だるさ

マイナーだが、THE HIGH-LOWSの曲に「プール帰り」という曲がある。 プール帰りのけだるさ、夏の匂いの懐かしさを表現している隠れた名曲である。多分10年以上前の古い曲だ。最近、この曲を思い出した。近頃の僕の体は、プール帰りのような状態になっている…

世界はくだらないから/THEE MICHELLE GUN ELEPHANT「Girl Friend」

THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの「Girl Friend」が発表されたのは2003年、もう10年以上前のことだ。 時系列は詳しく覚えていないが、まず、「SABRINA HEAVEN」、次に「SABRINA NO HEAVEN」と立て続けにアルバムがリリースされた。そして、先の2枚のアルバムの…

妙なプライドは捨ててしまえばいい。そこから始まるさ

タイトルはMr.Childrenの「名もなき詩」の一節である。 僕が初めて買ったCDがこの「名もなき詩」だった。今現在、大物アーティストですらCDが売れないと嘆く時代、「初めて買ったCDってなあに?」などという会話も成立しなくなっていくのだろうけど。 わが思…

ハロー今君に素晴らしい世界が見えますか

なんだか本当に世界は腐っている。廃棄物が悪の組織によってアレヤコレヤされて市場に出回っている。本当にくそったれなことだ。腹がたつ。でも、それと同じようなことは僕の身の回りでも起きていたりする。あーあ、やってられない。 ハロー 今 君には素晴ら…

【喫茶店「スチャッ」カフェ「コッ」】喫茶店とカフェの違いは一体何なのか

僕はあんまり外に出たくないので、カフェと喫茶店には両方とも行く機会が少ない。基本的にはずっと家にいたい。でもコーヒーは好きだからちょっと行きたい。行きつけの喫茶店とか憧れる。生活の導線にあればなあと思っている。 カフェと喫茶店の違い このあ…