考え方の備忘録

「日本人の効率の悪さが一目でわかるイラスト」に心の底から同意しています

日本人の効率の悪さが一目でわかるイラストというのがネットで話題になっていた。見てみたらまるっきりうちの会社の環境と当てはまっていて笑った。 まずはこの下のページの画像集を見てもらいたい。ここから話を進めよう。 workingnews.blog117.fc2.com こ…

主婦が副業で成功している理由とは?自分の時間を確保するためにできること

僕はごくたまに自分で料理をする。大したものではない。蕎麦を茹でたりパスタを茹でて市販のソースで食べたり。あ、そういえば麺類しか作らない、作れないかも。まあ僕の料理と呼べない料理の幅の狭さは今日は関係ない。 で、蕎麦であればまず麺を茹でるため…

【紳竜の研究】10年前の島田紳助の伝説の講義。紳助の「どんな世界でも通用する手段」

ちょっと前に『紳竜の研究』というDVDを買った。芸能界を引退した伝説的漫才師であり司会者の島田紳助が組んでいたお笑いコンビ・紳助竜介の軌跡を追ったDVDである。 僕は世代じゃないので紳助竜介の漫才は知らない。あまり興味もない。テレビで見ていた紳助…

茂木健一郎「タブー視し、思考停止しがちなテーマにこそ笑いを」茂木さんのお笑い論が熱い。

最近のニュースで、脳科学者の茂木健一郎氏が日本のお笑い文化を批判していると取り上げられている。 headlines.yahoo.co.jp トランプやバノンは無茶苦茶だが、SNLを始めとするレイトショーでコメディアンたちが徹底抗戦し、視聴者数もうなぎのぼりの様子に…

【ボクらの時代】日本の笑いとアメリカの笑いは種類が違う。日本の笑いは子供向け、タブーが多い

茂木健一郎氏のこんなツイートに目が止まった。 トランプやバノンは無茶苦茶だが、SNLを始めとするレイトショーでコメディアンたちが徹底抗戦し、視聴者数もうなぎのぼりの様子に胸が熱くなる。一方、日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに…

やりたいことがたくさんあるのに時間がない。つまらない仕事で消耗する毎日をどうすれば変えられるのか

最近時間の使い方について考えている。というのも、普段から「時間がない!」と思うことがあまりにも多いからだ。思い返せば昔からずっとそうだったとも思うが、最近になってそう思うことがより増えてきた。 朝、家を出るまでの時間。やらなければならないこ…

【ワイドナショー】ハーフアスリートの運動能力が高い理由。古舘伊知郎の意見が面白い

今週の「ワイドナショー」では「やっと放送できるスペシャル」と題して、過去のお蔵入りになっていたものを一挙放送。なかなか面白い話題がたくさんあった。 その中でも僕が特に気になったのが「ハーフのアスリートの運動能力が高い」という話題。 活躍する…

【脳を疲れさせるべからず】いつも元気で活力が溢れている人がやっていること

ネットで話題になっていたツイートが面白かった。 私たちの(脳の)気力ゲージは決断の度に消費されるそうなので、自分なりの解釈を対比イメージ化してみました。即断即決、即実行を心がけてみて、まず効果が出たのは家の中が突然キレイになったことでした。 p…

人間の欲は三大欲求ではなくて”七つの欲求”に分けられる。この欲を整理して考える

人間には3つの欲求がある。食欲、性欲、睡眠欲だ。三大欲求と言われている。 しかし、普通に暮らしていて、自分の欲望はこの3つに収まらないものもあるなと感じる。人間の欲望はもう少し複雑なのだ。 七つの欲求 僕は今、『反応しない練習 あらゆる悩みが消…

「年収90万円で東京でハッピーライフ」の著者、大原扁理さんのインタビューが面白かった件。

今日、こんな記事を読んだ。 news.mynavi.jp 30代の若さで「東京で隠居」という生き方をしている人へのインタビュー記事だ。 僕もこの人と考え方は似ているし、この人と近い生活をしている。こんな人がもっと増えてもいいのになと思った。 月収6万でも東京で…

【ストレスを減らすための方法】過去も未来も考えないで生きていくためには

最近こんな記事を見た。 headlines.yahoo.co.jp 至極真っ当な記事であった。簡単に言ってしまえば、今、存在しない過去や未来を考えてくよくよするなということだった。 ストレスを減らすための方法 この記事では日常で簡単にできるストレスを減らすための方…

電球は本当は数十年持つが、人に買わせるためにわざと寿命の短いものを販売している

今日こんな記事を読んだ。 tocana.jp ここには驚くべきことが書いてある。なんでも、電球の寿命はもっと長いのだが、それだと儲からないため、主要な電球メーカーが結託してわざと寿命の短い電球を販売しようと取り決めているらしいのだ。 電球の本当の寿命 …

なぜ居酒屋のトイレには名言や格言のようなちょっといい言葉が貼ってあるのか

居酒屋でアルコールを大量に摂取するとすぐにトイレに行きたくなってしまう。アルコールの利尿作用である。トイレに行くのは億劫だし、行くタイミングも難しいからギリギリまで我慢する。 そうしてギリギリまで我慢した尿意を開放するトイレで目に飛び込んで…

オタクの定義について、オタキング岡田斗司夫が語った定義が見事だった件。

今日、こういう記事を見た。 kopelani.hatenablog.jp オタクについて語った時にバズった後の記事らしい。その元の記事はこれだ。 kopelani.hatenablog.jp この二つの記事は共感できるものだった。この記事に出てくるのは子供の遊び場を侵食するおっさん。言…

赤ちゃんの夜泣きの対処法を知って、優しさは人を助けないよなと思った。

ちょっと前に、赤ちゃんの夜泣きの対処法として、目から鱗な方法が話題になっていた。それを知った時に「優しさは人を助けないよな」と思った。 最近そう思うことが多々あったのだ。 赤ちゃんの夜泣き対処法 赤ちゃんの夜泣きは大変だ。僕には経験のないこと…

道徳的な攻撃は快感らしいけど、有名人の不倫を批判する人はどこにいるのだろうか。

今年は有名人の不倫騒動を始めとした、道徳が問われるような出来事が相次いでいる。メディアは水を得た魚のように生き生きと報道している。 これだけ事件が多いと大変だ。出来事に対して、コメンテーターや有名人たちの発言が、まるで「考え方の大喜利」のよ…

好きこそ物の上手なれ。明石家さんまの「努力は逃げ言葉」発言について

明石家さんまというお笑い怪獣がいる。このお笑い怪獣の「努力は逃げ言葉」という発言が話題になっていた。 alfalfalfa.com 努力も死語にしたほうがええよ。努力って普通にするもんやろ生きとったら。行動やろ人としての。努力という言葉は努力していないや…

ときには人間関係を意識的にやめることも必要

こんな記事を発見。 tabi-labo.com 人間関係を断捨離。ついにミニマリストはここまで来たかと驚愕を禁じえない。それでも納得するところも多い記事だった。 環境が変われば求めるものが変わる 学生時代、やっすいファミレスと24時間のラーメン屋を取っ替え引…

【所要時間2分】ストレスが軽減し、自分に自信が持てるようになる方法【技術不要】

昨日、こんな記事を読んだ。 coffeetimes.hatenadiary.jp TEDというのは世界的な講演会である。学術、エンタメ、デザインなどなど、各方面で活躍する人物がプレゼンテーションをする会だ。この講演会の模様はインターネットで無料で見ることができる。 この…

コミュ障がプロインタビュアーから学ぶ会話術

ネットでこんな記事を発見した。 next.rikunabi.com ここではプロインタビュアーの吉田豪のインタビューの極意が語られている。インタビューなんて僕には何の関係もないことだけど、人と話すことについて僕のようなコミュ障が参考にすべきことがあるかもしれ…

ベッキーvsマツコ・デラックス

最近ベッキーが話題になっている。恋愛関係のもつれがあったようだが、よく知らない。僕にとってはどうでもいい話だ。まあともかく、好感度の高さが売りのタレントであったので、結構なスキャンダルとしてワイドショーを賑わしているようだ。 ベッキーvsマツ…

アンガーマネジメント大賞2015に選ばれたカズ並みにかっこよかった、松本人志の怒りの受け流し方。

「アンガーマネジメント大賞2015」というものが発表されたらしい。そういうものがあると知っている人は少ないのではないだろうか。というのも、今年が第1回目であるらしい。 僕はこれを毎週見ているテレビ番組「ワイドナショー」で知ったのだけど、取り上げ…

ホリエモンが語る、イギリスの飯がまずい理由。

イギリスは飯がまずいと言われる。普通に知られていることだと思う。 僕はイギリスには行ったことがない。イギリスどころか一度も国外へは出たことがない。 イギリスに行った知人は、言うほどイギリスの飯は不味くはなかったと言っていた。彼からは紅茶をお…

【ボクらの時代】真島昌利がトーク番組初出演。どんな時にアイディアが浮かぶのかを語る。

「ボクらの時代」を見た。たまたま先週は見て、その予告編でど肝を抜かれ、録画しておいたものだ。 ボクらの時代 - フジテレビ 時代を彩る超一流の3人が自由気ままにトークする!MCもなし台本もなし…「語り」の面白さを存分に楽しむトークドキュメンタリー …

性格は育ってきた環境の相対的なキャラクター分けで決定される

ちょっと前のニュースだけど気になっていたので備忘録。 healthpress.jp 育ってきた環境は人を大きく左右するものだと思う。しかしながら、経験則としてなんとなく認識していた、「長男はしっかり者、末っ子は甘えん坊」などというのは間違いだったようだ。 …

仕事にありつくのはみんないい人。昔に聞いた役者の話と「ボクらの時代」

日曜の朝にやっている「ボクらの時代」を見た。昨日のクラシコの興奮冷めやらず、そのままテレビをつけっぱなしにしていたらやっていて、おもしろかった。 ボクらの時代 - フジテレビ 時代を彩る超一流の3人が自由気ままにトークする!MCもなし台本もなし…「…

説得力問題/ホリエモンの寿司職人発言とワイドナショー

ホリエモンの寿司職人についての発言が、昨日のワイドナショーで取り上げられていたことによってまたネットで話題になっている。 news.mynavi.jp ワイドナショーは、僕が毎週欠かさずに見ている好きな番組のひとつだ。深夜から日曜午前に時間帯が変わっても…

備忘録:「指示待ち人間」はなぜ生まれるのか?/自分で考えて動ける人を育てるには

こんなツイッターのまとめがあった。 togetter.com とっても素晴らしい考察で、備忘録として残しておきたいと思った。なんとなくあやふやに思っていたことが具体的に説明されていて、深く理解できた。実は仕事のできる優秀な人が指示待ち人間を生んでいる可…

ドランク鈴木の朝日の記事。組織の奴隷ですけど、何か?

このツイッターのまとめを見て、いろいろ思うことがあった。ドランクドラゴン鈴木拓さんの朝日新聞に掲載された意見だ。 togetter.com 僕なりにこの記事は、 組織の中の歯車としての自分は責任が取れないので、たとえ上司の指示が間違っていたとしても、その…

テレビは普通におもしろいと思うけど、このまま衰退していくの?

最近、フジテレビの話題が目についた。ゴールデンとは思えない視聴率を記録しているらしい。 biz-journal.jp 長寿番組などを改変とも。 www.sponichi.co.jp 半世紀以上続いたものが終わるなんて、なかなか衝撃的なことだなあと思った。きっと大きなテコ入れ…

オードリーと10,000時間の法則。

先週の土曜日のオードリーのオールナイトニッポンを聞いていたら面白い話があった。 オードリー若林さんが下積み時代を過ごしたショーパブを訪れ、そのときに当時を思い返して考えたことの話だ。 キングオブコントでの若手芸人のふれこみ 先日のテレビの放送…

人は思い出を買う。嫌われ西野のしたたかな戦略に学ぶ。

ウーマン村本、ノンスタイル井上、南海山里は嫌われキャラなところがある。西野さんはガチで嫌われているという。そんな西野さんから学ぶクリエイター戦略論。その第2弾。 この記事は岡田斗司夫ゼミ6月14日号のキングコング西野亮廣と岡田斗司夫の対談の、…

嫌われ西野のしたたかな戦略に学ぶ。

ウーマン村本、ノンスタイル井上、南海山里は嫌われキャラなところがある。西野さんはガチで嫌われているという。そんな西野さんから学ぶクリエイター戦略論。 この記事は岡田斗司夫ゼミ6月14日号のキングコング西野亮廣と岡田斗司夫の対談の、僕なりのまと…