笑い

松本人志ドキュメンタルシーズン5メンバー発表。身内だらけと批判があるようだけど

松本人志のお笑い実験「ドキュメンタル」のシーズン5の参加者が決まったようだ。参加者は以下。 ジミー大西千原ジュニアケンドーコバヤシ陣内智則たむらけんじハリウッドザコシショウ高橋茂雄(サバンナ秋山竜次(ロバート狩野英孝山内健司(かまいたち この…

『MASKMEN』は何処へ行く?斎藤工、お笑い芸人への道は断念か

斎藤工主演のテレ東のドラマ『MASKMEN』が次回最終話を迎える。その一話前の今週の10話「挑戦」では、斎藤工のR-1ぐらんぷり出場と結果の模様が放送されていた。 そもそも人印(ピットイン)ではなかった すでに数話前にわかったことだが斎藤工は人印(ピッ…

R-1優勝者、濱田祐太郎の障害者を扱った漫談を見て素直に笑えた理由

先日のR-1ぐらんぷりでは濱田祐太郎が優勝した。濱田は視覚障害を持つ自身の立場をネタにした漫談で笑いをとった。喋りが滑らかでうまく、面白かった。妥当な優勝だったと思う。 昨日はR-1の決勝の決勝、ファイナル進出の3組は3組とも自虐ネタだったと昨日書…

R-1ぐらんぷりファイナル進出者の共通点。コンプレックスを笑いに変える

先日行われたピン芸人No.1決定戦、R-1ぐらんぷり。ファイナルに進んだ3人の芸人にはある共通点があった。 コンプレックスを笑いに変える 決勝進出者は、おぐ、ゆりやんレトリィバァ、濱田佑太郎の3人。彼らは自分のコンプレックスを見事に笑いに昇華していた…

R-1ぐらんぷり2018、優勝は濱田祐太郎。色々なネタがあってバランスのいい大会だった

先ほどR-1ぐらんぷり2018を見た。様々なネタがあってバランスのいい大会だったと思う。最後まで面白く見れた。 というわけで全芸人のネタの感想を簡単に。 Aブロック ルシファー吉岡 1発目のネタじゃないよなあという感じ。やっぱりトップバッターはかわいそ…

先日の『人志松本のすべらない話』が「すべっていた」とネットで話題らしいけど

先日放送された『人志松本のすべらない話』が「すべっていた」とネットで話題になっていた模様。ネットの批判文化もとうとうここまで来たかという感じだ。 news.livedoor.com まあ一人一人の意見はテレビを見てのただの反応というか感想だと思う。テレビを見…

ホリエモンと斎藤工の人印(ピットイン)、R-1ぐらんぷり2回戦で敗退

週末にR-1ぐらんぷりの2回戦があった。早くもというべきか、注目のホリエモンと斎藤工演じる人印(ピットイン)の敗退が決まった。 まさかこんな早い段階でこの2人が敗退するとは思わなかった。僕は2人の決勝進出を予想していた↓ slices.hatenablog.com ホリ…

ホリエモン、斎藤工の参戦!今年のR-1ぐらんぷりはどうなるのか?

数日前に起業家のホリエモンこと堀江貴文氏のR-1ぐらんぷり出場、一回戦突破というニュースに驚かされた。 そして今日、俳優の斎藤工のR-1出場というニュースがあった。斎藤工といえばサンシャイン池崎パロディのサンシャイン斎藤が未だ記憶に残っているが、…

ベッキーにタイキックもできないようなテレビ番組は面白いのか

今回も視聴率的には結果を出したと言える年末恒例の「ガキ使い笑ってはいけないシリーズ」。例年と違うのは浜田の黒塗りメイクとベッキーへのタイキックが問題視されているということだ。 僕は6時間の放送全て見たが、ベッキーのことは書いてなかったので今…

千原ジュニアが語った、キング・オブ・コントで優勝した芸人がテレビで売れない理由

昨今のM-1グランプリの復活や女芸人No.1決定戦 THE W が新しく開催されるなど、笑いの賞レースはとても充実している。テレビで売れたい芸人にとってはとてもいい環境なのだろうと思う。 そんな中、賞レースによって知名度の差がある。M-1チャンピオンやR-1チ…

「ガキの使い笑ってはいけない」のエディーマーフィー浜田は人種差別なのか

大晦日にあった『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス』は僕は例年の「笑ってはいけないシリーズ」に比べるとちょっと期待外れだった。でもアタリもあった。僕が一番笑ったのはこの浜田扮するエディーマーフィーだった。 このエディーマーフィー浜田が人…

【水曜日のダウンタウン】ドッキリが行き過ぎていて松野明美やクロちゃんで笑えなかった

昨日の『水曜日のダウンタウン』の特番を見た。僕は毎週見ている番組ではないのだけど、「松野明美vsターミネーター」というもう響きですでに面白い企画があるようだったので録画しておいたのだ。 でも期待していた割にあんまり笑えなかった。ドッキリを使っ…

フリートークが復活した今年のガキの使いは企画も面白かった【2017「ガキの使い」おもしろVTRベスト10】

12月17日の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』では年末恒例の「今年放送した『ガキの使い』の中からおもしろVTRベスト10」を放送していた。2017年の企画の振り返りである。 2017ガキの使いおもしろVTRベスト10 今年は4月に大幅なリニューアルがあり…

ゴールデンタイムにお笑い番組ばっかりやっているのは世界中でも日本だけ

と、作家の猪瀬直樹が言っていた。 そもそもゴールデンの時間帯の番組を見ない僕からすると、ゴールデンはクイズや健康番組のイメージがあったのでちょっと首をかしげる発言だった。まあでもバラエティ番組ばかりという指摘だろう。 前後の会話の流れから言…

茂木健一郎がツイッターで松本人志を批判。ワイドナショーで安倍首相と会食した件

脳科学者の茂木健一郎氏のツイッターがまた話題になっている。今回は松本人志をほぼほぼ名指しで批判している。 茂木さんのツイート 今年3月に「空気を読む笑いばかりのテレビはオワコン」との発言で炎上した茂木さん。その意見は間違っていなかったと思うけ…

【THE MANZAI 2017】ウーマンラッシュアワーの風刺漫才が最高だった件

THE MANZAI 2017を見た。まだ全部は見れていないのだけど、個人的に見たかった芸人の漫才をかいつまんで見た。 中でも面白かったのがナイツだ。他の芸人の漫才のスタイルをパクるという悪ふざけが面白かった。がっかりしたのは中川家とチュートリアル。M-1で…

なぜワイドナショーの松本人志のコメントにがっかりしてしまうのか

最近のフジテレビ『ワイドナショー』を見ていると、松本人志のコメントにがっかりしてしまうことが多くなった。 とりわけ政治などのお堅い問題に対しては、番組の顔たる人物のコメントとしてはちょっと驚き呆れてしまうものもある。 でも、コメンテーターで…

M-1グランプリ2017の感想。優勝はまさかの「とろサーモン」。いやいやいや和牛じゃないの?

さあさあM-1グランプリ2017である。今回僕は、決勝進出者の準々決勝のネタをgyaoで全部見てから臨んだ。なので1度見たネタもあったけど、さすがM-1決勝に勝ち上がる芸人、かなり面白いM-1だった。 1組ずつ感想を書いていく。 敗者復活はスーパーマラドーナ …

M-1グランプリ2017の審査員が決定。上沼恵美子が2年連続。春風亭小朝、渡辺正行ら関東勢も。

M-1グランプリ2017の審査員が決まった。個人的には出場者よりも注目していた存在だ。 M-1グランプリ2017年の審査員はこちらの7名です✨#オール巨人#上沼恵美子#春風亭小朝#中川家・礼二#博多大吉#松本人志#渡辺正行(50音順)決勝戦12月3日(日)夜6時57分~ABC・…

漫才なのに「じゃあやってみましょう」でコントに入るのは漫才と言えるのか

M-1グランプリ2017が来月12月3日に放送される。暇なので今年はどんなもんかなあと思って無料で見られる準々決勝の模様をポツポツと見ていた。 gyao.yahoo.co.jp 純粋な漫才だなあと思うコンビはちょっと少なかった気がする。動きがあったりコント仕立ての漫…

『M-1グランプリ2017』決勝進出者9組決定!準々決勝のネタを全て見て優勝予想

今年のMー1、『M-1グランプリ2017』決勝進出者9組が決まった。ジャルジャル、かまいたち、カミナリ、マヂカルラブリー、ミキ、さや香、とろサーモン、和牛、ゆにばーす、の9組だ。 気になるのは”偏り” さて去年の『M-1グランプリ2016』を振り返ると、審査員の…

ドキュメンタルはなんでもアリの過激なお笑いバトルかと思いきや、唯一やってはいけない笑いがある

松本人志のAmazonプライムの番組『ドキュメンタル』のシーズン4のメンバーが発表された。今回は毛色が違う感じでまた面白そうだ。 ドキュメンタルシーズン4のメンバー決定 配信日は12月1日。「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シーズン4のメンバ…

【ダウンタウンなう】南キャン山里亮太が絶対に許せない芸人を本音で語る

27日放送のフジテレビ『ダウンタウンなう』で、やっぱり芸能界ってちょっと怖いなと思う話題があった。 ゲストで来た南海キャンディーズの山里亮太が芸能界の一生許せない人を暴露していたのだ。 山里亮太が芸能界で許せない人3人 番組内で山里は「絶対許さ…

にゃんこスター現象を考える。結成5ヶ月でキングオブコント2位の衝撃

キングオブコント2017は大阪で売れっ子のかまいたちの優勝で幕を閉じた。かまいたちのネタは2本目で今大会で最も高い点を叩き出し、文句なしの優勝だ。 しかし、今後「キングオブコント2017といえば?」と聞かれるとほとんどの人が「にゃんこスター」と答え…

キングオブコント2017はテレビ的には面白かったけど賞レースとしてはイマイチだった。

僕はキングオブコント2017はとても面白く見れた。ネタも良かったし、バラエティに富んでいる感じで大会全体を楽しめた。 ただ、審査員のコメントに「順番が違ったらまた違うだろうね」というようなコメントがちらほら聞かれたのがちょっと気になった。その辺…

『キングオブコント2017』優勝はかまいたち。全コントの雑感をここに書く。

『キングオブコント2017』を見た。今年は出演者が決まった段階から結構期待できるのではと思い、注目していた。 slices.hatenablog.com 今年はその期待通り面白い大会になったと思う。実力者から新顔からベテランまで出て、面白いコントあり新しいコントあり…

【ガキの使い特別編】絶対に答えなくてはいけない!レジェンド芸人に聞きたいことSP

先日24日に放送されたガキの使いの特番が面白かった。春にリニューアルされてから2回目の特番だ。 今年7月にあった前回の特番「スマホなしで待ち合わせ」が「笑ってはいけないシリーズ」を除くと実に12年ぶりの特番だったことを考えると、特番のサイクルがか…

【水曜日のダウンタウン】クロちゃん嘘ツイート監視企画が笑えなかった

ひさしぶりに23日放送の『水曜日のダウンタウン』を見たらおなじみの「〇〇説」ではなく、「クロちゃん嘘ツイート監視企画」というドッキリ企画をやっていた。 クロちゃん嘘ツイート監視企画 たまに『水曜日のダウンタウン』に説を実証する側として出演する…

【水曜日のダウンタウン】女子中高生の人気No.1芸人は未だにノンスタイル!なぜなのか

7/26の『水曜日のダウンタウン』の「女子高生の人気No.1芸人、さすがにもうNON STYLEではない説」というのが面白かった。 これはノンスタイル井上が当て逃げという非人道的な事故を起こした後、さすがに人気が落ちたのではないかということ検証したものだ。 …

『ドキュメンタル』シーズン3のメンバーが決定!過去最高に期待できるメンツ、そしてルール追加

『ドキュメンタル』のシーズン3が決まったらしい。Amazonプライムビデオで8月2日からの配信だ。 www.youtube.com 『ドキュメンタル』とは? 正式には『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』というらしい。 『ドキュメンタル』とは、一人100万円の参…