読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当の天才を知りたいなら元大学教授で小説家の森博嗣の『小説家という職業』を読めばいい

とても面白い本を読んだ。元大学教授で現在は小説家の森博嗣の『小説家という職業』という本だ。小説家になりたい人が手に取るような本かもしれないけど、そうでない人の方が面白く読めるかもしれない。 森博嗣は『すべてがFになる』や『スカイクロラ』など…

【ワイドナショー】意外と知らない「違法行為」ランキングが意外すぎて面白い【軽犯罪法】

立ちションは実は犯罪だなんて話はよく聞く。身近にあって意外な犯罪行為というのはたくさんある。 なぜ意外なのかといえば、ほとんどの人は法律に詳しくないからだ。そういう僕もそう。法律なんて知らない。暮らしの中で普通にやっていることが法に抵触する…

【ワイドナショー】意外と知らない「違法行為」ランキングが意外すぎて面白い【軽犯罪法】

立ちションは実は犯罪だなんて話はよく聞く。身近にあって意外な犯罪行為というのはたくさんある。 なぜ意外なのかといえば、ほとんどの人は法律に詳しくないからだ。そういう僕もそう。法律なんて知らない。暮らしの中で普通にやっていることが法に抵触する…

【リーガエスパニョーラ2016/17シーズンまとめ】2位に甘んじたバルセロナの総括

リーガエスパニョーラの2016/17シーズンが終わった。僕はリーガに限ってはバルセロナの試合を全試合見ている。思えばいろんなことがあったシーズンである。幸先よくスーペルコパで優勝して開幕戦は大勝した。みんな調子が良さそうだった。 しかしクラウディ…

【16/17シーズンリーガエスパニョーラ最終節】乾がカンプノウのバルセロナ相手に2ゴール

リーガエスパニョーラ最終節。僕が応援するバルセロナは同時刻キックオフのレアル・マドリードの結果次第で優勝が決まる。レアルが負けてバルサが勝たないと優勝はない。つまりバルサは自力での優勝はもうないのだ。 相手はリーガ一部でプレーする唯一の日本…

スナック菓子の王道になれるのか?ヤマザキビスケットの「エアリアル」がビールに合う

今週のお題「おやつ」 僕は普段からあまりお菓子を食べない。間食は多いのだけど、結構ガッツリ食べたいタイプなので、どうせ食べるならお菓子じゃなくてパンとかおにぎりを食べる。 お菓子を食べるときはどちらかというと飲み物の方がメインで、それに合わ…

リリー・フランキーが毎朝起きたら必ずしていることがすごい【ボクらの時代 リリー・フランキー×郷ひろみ×テリー伊藤】

みなさんは毎朝起きて必ずやること、いわゆるルーティーンはあるだろうか? 僕は人に語るような目新しいことは何もしていない。目覚めたら小便をして水を飲んで寝っ転がりながらスマホでニュースサイトを巡回してうだうだやっているうちに体を起こしている。…

【クレイジージャーニー】最果ての地で生肉を食べる民族に、「パーカー」という言葉の由来があった

僕らが日常で着ているパーカー。フードをかぶることなんてほとんどないのに、意外にも幅を利かせている。誰もが一着は持っているのではないだろうか。 この「パーカー」という言葉の由来はなんとロシアの少数民族にあるらしい。 最果ての地で生肉を食べる民…

夫婦関係を円満に続けていく秘訣を書いた漫画が人間関係にも参考になる。人と人とは分かり合えない。

言葉を尽くせば人と人とは必ず分かり合えるはずだという立場に立つか、言葉を尽くしても結局他人とは分かり合えないのだという立場に立つかでコミュニケーションの仕方は変わってくる。 ツイッターで夫婦関係を円満に続けていく秘訣を書いた漫画が話題になっ…

【ストレスを今すぐ減らせる7つの方法】ストレスは体の方から変えていく

海外の動画で、「ストレスを今すぐ減らせる7つの方法」が公開され、話題になっている。このyoutubeチャネルは、科学的な裏付けのある有用な情報をアニメーションでわかりやすく提供しているチャンネルらしい。 www.youtube.com gigazine.net すぐにできると…

嫌いな上司をどんどん嫌いになっていくのは、自分の方に問題があるという話

僕は5月が好きだ。一年のうちで一番好きな月である。何をするにも過ごしやすく、心地よい気候だから好きなのだ。休みの日はずっと家にいる僕でも、思わず外に出たくなる時すらあるほどである。 ただ、この時期は寒かったり暑かったり、1日の寒暖差が意外にあ…

10代の悩みは歳を重ねるとそのうちどうでもよくなる?10代の悩みと30代の悩み

ツイッターで「10代の悩みなどそのうちどうでもよくなる」ということを端的に一枚絵で表したツイートが話題になっていた。 https://twitter.com/yokoyama_bancho/status/863332167207731200 共感できる部分とそうでない部分 10代の男の子と30代のおっさんと…

【第17回ipponグランプリ】サンシャイン池崎、和牛・川西が活躍。決勝つまらない問題

ipponグランプリを見た。昨日の放送でもう17回目になるらしい。 今回は大御所芸人、木村祐一の参戦に加え、最近勢いに乗っているサンシャイン池崎が初出場。そして、Mー1で結果を残した和牛の青いスーツの方、ツッコミの川西堅志郎がipponスカウトを勝ち上が…

【タモリ倶楽部】ホームセンターのアレが楽器に!?愛と哀しみのレアクラシック打楽器の世界

オーケストラのシンバル奏者って誰でもできるじゃんという話題がある。曲中にジャーンとタイミングよく鳴らすだけであって、特別な技術は不要なように見えるからだ。さらに登場回数も少ない。誰でも簡単にできるように思ってしまっても仕方ないと思う。 しか…

【性格診断マッチングアプリ】当たると話題のm-gram(エムグラム)診断をやってみた。

m-gram(エムグラム)診断というものをやった。無料でできる性格診断サービスの一つだ。これがめちゃめちゃ当たるというので一部で話題になっていたようだ。 check.m-gram.jp やり方は簡単。上のサイトにアクセスしてブラウザ上で105問の質問にチェックを入…

ネットフリックスのドラマ版『火花』は映像化の意味のある傑作。

NHKで放送されていたネットフリックスのドラマの『火花』を一気見した。終盤の8、9、10話はかなり胸にこみ上げてくるものがあった。 涙なくしては見られなかった。人生は時間が限られたものであるという悲哀が描かれていた。映像化した意味は十分にあった傑…

FIFA、2026年W杯の出場枠を48カ国に決定、アジア枠は4.5→8.5。大会の仕組みはどう変わる?

噂程度で終わるだろ、と思っていたがどうやら決定してしまったらしい。 国際サッカー連盟、FIFAが2026年のワールドカップを現行の32チームから48チームに増やすことを決め、アジア枠が現行の4.5枠から8.5枠へ増えることになった。 www.footballchannel.jp 20…

ワイドナショーで電話野郎が取り上げられる。電話野郎という言葉が話題になってくれればいいなあと思う

今週のワイドナショーを見たらゲスの極み乙女の川谷絵音が出演していて驚いた。それもゲストコメンテーターとして松本とヒロミに挟まれて、自分の騒動と世間のニュースにコメントしていた。 まあそれはさておき、ここで取り上げられていた「電話野郎」という…

AbemaTV「亀田興毅に勝ったら1000万円」こじんまりした会場で微妙な絡みで試合前にサーバー落ち

昨日はブログを書く側で『亀田興毅に勝ったら1000万円』というネット番組を見ていた。 これはAbemaTVの開局1周年を記念した番組である。企画自体は面白そうだったので僕は結構期待していた。 亀田興毅に勝ったら1000万円 この番組のニュースが入った時はとて…

ゴールデンウィークなんて存在しない人のゴールデンウィーク2017

今日は久しぶりにお題で書こう。今週のお題「ゴールデンウィーク2017」 僕にはゴールデンウィークはなかった。暦と関係なく仕事をしてバンド活動をしてという僕のいつもと変わらない日常があっただけだった。それでも世間のゴールデンウィークの空気を感じる…

昔は大好きだったはずの音楽が、今となっては聴けなくなってしまうということ

単に飽きたから、というわけじゃない。昔は大好きだったはずの音楽を今聞き返してみると、”聴けなく”なってしまうということがある。 聴けなくなるとはどういうことか? それは昔には気がつかなかった粗に気がついてしまい、それが気になって聴けなくなって…

幽霊が出るといういわく付き物件に住み続けた人の漫画が面白かった。

いわく付きの物件に住んでいた人の実体験漫画が話題になっていた。場所は東京23区内駅まで徒歩2分、ベランダ屋上つき風呂トイレ別1DK、にもかかわらず爆安だったそうな。その安さの理由は「廊下に幽霊が出るから」だったのだとか。 togetter.com https://twi…

世界で最も睡眠時間が短いと言われる日本人。6時間睡眠を続けると徹夜状態に陥る。

東京に住んでいる人の平均睡眠時間は5時間44分と言われているらしい。3年前の調査結果だ。短い気がするけれど同時に、まあそうだろうなという実感もある。東京ではないけれど、僕の周りも睡眠時間は短い人の方が圧倒的に多い。 この数値からいくと、実は日本…

ニコニコ超会議2017にビートたけしが降臨。これはオフィス北野の接待番組?

先日ニコニコ超会議2017というイベントがあった。ネット動画サービスのニコニコ動画がリアルに進出するというイベントだ。毎年幕張メッセで行われている。 イベント事といえば明るいリア充のものというイメージがあるが、そこに”会議”と名付けてしまうところ…

楽天スポンサーになる17/18シーズンのバルセロナの新ユニフォーム、ダサい

来シーズンからバルセロナの胸スポンサーは楽天に変わる。日本人の僕としては、これまでのカタール航空は英語として見れるので特に頭に入ってこないが(英語できないからね)、楽天となると訳が違う。 楽天は日常的に使っているし、よく目に入る。企業のイメ…

【ガキの使い】いきなり大爆笑ツアーで浜田が活躍。そしてハガキトーク復活!

リニューアルされたスタイリッシュなオープニングには未だに慣れないが、今週のガキの使いはめちゃくちゃ面白かった。 面白い時は特に語ることがないのだけど、面白かったということを日記として残しておきたいと思ったので書いておく。 いきなり大爆笑ツア…

【リーガ16/17シーズン バルセロナダービー】エスパニョール0−3バルセロナ 相手のミスから流れを掴む

バルセロナオリンピックからもう25年という月日が流れたらしい。記念のセレモニーからバルセロナダービーは始まった。今朝、16/17シーズンのリーガエスパニョーラ第35節、エスパニョール対バルセロナが行われた。 この試合はアウェイでバルセロナが3ー0で勝…

気がついたらおっさんになっていて、いつの間にか周りもおっさんだらけになっていた

「もう若くないんだから」と健康診断で医師のおばちゃんに言われたのはいつだったか。20代の終わり頃だったような気がする。僕は気がついたらおっさんになっていて、いつの間にか周りもおっさんだらけになっていた。 職場、おっさん 僕の職場は肉体労働、ブ…

【トランクスVSボクサーパンツ】トランクス派である僕の主張

僕はパンツはトランクス派である。もうここ5年くらいはトランクスしかはいていない。めちゃくちゃこだわりがあるわけでもないのだけど、トランクスを履いている理由はいくつかあったりする。 一応最初に断っておくと、僕はボクサーパンツもトランクスも同じ…

【リーガ16/17シーズン 33節】バルセロナ7-1オサスナ。マスチェラーノがバルサでの初ゴール

クラシコから中2日、カンプノウで行われてた最下位オサスナとの一戦は圧巻のゴールショーとなった。 歴史的勝利となったパリ・サンジェルマン戦の直後の試合では、選手をローテーションしたこともあってあっさりと負けてしまったバルセロナ。今回もクラシコ…

【16/17シーズン クラシコ】カペッロ「マドリーの選手はメッシを傷つけようとしている」

24日の朝にあったレアル・マドリードとバルセロナの伝統の一戦クラシコの興奮が未だ冷めやらない。たくさんのドラマがあり、後半40分以降は大どんでん返しが待っているアツい試合だった。 バルサファンの僕にとっては素晴らしい試合だった。リーガのタイトル…

曖昧な記憶。他人の方が自分のことを覚えているということがあったりする

僕は自分のことは自分が一番分かっていると思っている。多くの人がそうなんじゃないだろうか? 性格、生き方、歩んで来た道、一番分かっているのは自分だ。逆に言えば、他人は僕なんかには興味はないから、わかるわからない以前の問題でもあったりする。 け…

【16/17シーズン クラシコ】レアル・マドリード2-3バルセロナ 望みをつないだAT2分のメッシの勝ち越しゴール

今朝はアツかった。自宅で叫ぶことになった。 リーガエスパニョーラ16/17シーズン第33節、ベルナベウでのクラシコは3-2でバルセロナが勝利している。 不安要素だらけだったクラシコ 今回のクラシコ、バルセロナは後が無い。週中に戦ったチャンピオンズリーグ…

【オードリーのオールナイトニッポン】若林と不仲でお馴染みの市野瀬アナがゲストで登場

昨日のオードリーのオールナイトニッポンはアツかった。期待に胸を膨らませ、僕は久しぶりに放送前からradikoを開いて準備万端で臨んだ。 なぜ期待していたのか?それはこの日、ゲストに中京テレビのアナウンサー市野瀬瞳が出演するからだ。 >>市野瀬 瞳の…

高野秀行『異国トーキョー漂流記』でハッピーエンドの悲しみを噛みしめる。

高野秀行の『異国トーキョー漂流記』を読んだ。僕は高野秀行の本は2冊目だ。テレビ番組の「クレイジージャーニー」の出演で最近知ったばかりだが、大好きな作家だ。 高野秀行『異国トーキョー漂流記』 高野秀行は世界を旅しているノンフィクション作家であり…

【お笑い健康法】赤ちゃんは1日400回笑うのに大人は15回しか笑わないという問題

たまに話題になる「お笑い健康法」。笑う門には福来たるという諺そのままに、笑うことが多い人は健康的であるという話がある。笑うということは心身の健康に関係しているようだ。 今日こんなネットの記事を見た。 media.housecom.jp 赤ちゃんは1日400回笑う…

ビジネスシーンでリュックの人気が急増中。いつの間にか僕もこの流れに乗っていた。

これまで僕はリュックをダサいと感じていて、使うことはなかった。なぜダサいと感じていたのか、明確な理由はない。もしかするとこれは長年背負ってきたランドセルの呪いと言えるのかも知れない。 最近ではリュック通勤派が急増しているというニュースがあっ…

靴底を擦って歩く人が嫌い。その歩き方のせいで姿勢がいい人もスタイルがいい人もいない

たまに、ズッズッズッと靴を鳴らして歩く人がいる。足を引きずるように歩く人だ。靴底と地面が擦れて音が鳴っているのだ。 靴底を擦って歩く人。僕は嫌いである。 例えば、好きな女性のタイプは?と聞かれると(聞かれないけど)パッと思い浮かばないが、嫌…

たまたま聴いたラジオ番組のコーナーに感じた、周りへの過剰な配慮

仕事で長時間の車移動中、どこの局だかもわからないラジオの番組を聴いていた。喋りが板についたラジオパーソナリティがやっているようなタイプではなく、旬の若手ミュージシャンとかがやっているようなゆるいタイプの番組だ。 何の気なしに聞き流していたの…

茂木さんが指摘する「お笑い芸人の空気を読む笑い」は日本社会でもよくあること。

1ヶ月ほど前、茂木さんの「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。後者が支配する地上波テレビはオワコン。」というツイートに、芸能人が皆よってたかって噛み付いていた。 それもひと段落した…

【2017ポテチショック】今回の騒動で国産使用というこだわりでカルビーと湖池屋は株を上げた気がする

ちまたでピザポテトの値段の高騰が話題になっている。ヤフオクとかメルカリなんかのネットオークションサイトやフリマサイトでは、なんと一時10万を超えるものもあったのだとか。なんだかよくわからない世界観に突入している。ポテチショックなんて呼ばれて…

社会に居場所がないから森の中へ姿を消し、27年間一度も人と接触せずに暮らした男の話。

ある日突然いなくなり、30年近く森で暮らした人が捕まったという驚きのニュースがあった。 natgeo.nikkeibp.co.jp 1986年、当時20歳の若者であるクリストファー・ナイトという青年は、突然森の中へ姿を消したのだという。そして森にテントを張り、そこで一人…

仕事に意欲を奪われて、自分が本当にやりたいことへ時間を注げない問題。

昨日めちゃめちゃ共感したのがこのツイート。 この感じどうにかしたい(眠い) pic.twitter.com/aU9IAQWtzs — ぷふた (@pooofta) 2017年4月12日 わかりすぎてつらい。 これはtogetterで「二次創作をしている人の1日の意欲の推移」(「二次創作をしている人の…

西原理恵子『生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント』は真面目な日本人必読の書

「日本人は真面目だから」とたまに耳にする。そこには凝り固まった考えで柔軟性のない典型的な日本人を揶揄する意味が含まれている。そんな日本人と自分は違う、と僕自身は思っているけど、実は僕も普通の真面目な柔軟性のない日本人だったかもしれない。 西…

バルセロナファンにとっては嫌なニュースが重なった4月11日火曜日。

昨日の夜、寝ている間にヨーロッパではたくさんのことが起こった。サッカー的に。うんざりすることばっかりである。今日はその愚痴を書く。 ネイマールがクラシコに出れない リーガエスパニョーラの31節のマラガ戦でイエローカード2枚を受けて退場したネイマ…

アルピニスト野口健が一芸入試で大学に合格した方法がすごい

大学では通常の学力テストではなく面接で入学者を選抜する方法がある。一芸入試とかAO入試とか呼ばれているものだ。一芸入試では受験者の特技や熱意がその合格基準となる。 昨日このブログで紹介した山田ズーニーの『あなたの話はなぜ「通じない」のか』とい…

山田ズーニー『あなたの話はなぜ「通じない」のか』/正論はなぜ人に伝わらないのか

普段のゆるい感じの人とのコミュニケーションを円滑にするための方法が書いてある、コミュ障向けの本かと思ってポチっておいた本なのだが、内容は違っていた。 山田ズーニーという人の『あなたの話はなぜ「通じない」のか』という本には、実社会の業務で役に…

【リーガ第31節 マラガ2-0バルセロナ】実験的采配とネイマールの退場

何が起こるかわからない。まだ可能性はあるけど。。 僕が応援しているサッカークラブであるスペインのバルセロナが格下相手に完封負けを喫した。バルセロナは優勝を狙うリーガエスパニョーラで、1試合未消化のレアル・マドリードを勝ち点1差で追う2位という…

長嶋有『ジャージの二人』/軽井沢の山荘で父と子で過ごす人生の夏休み

「高温多湿の日本で夏に働くなんて馬鹿のやることだよ」と主人公の父は言い切る。僕はこのセリフが大好きだ。僕も夏はそうやって過ごしたい。 上のセリフは長嶋有の『ジャージの二人』という小説に出てくる。これは10年前くらいの小説だ。僕は一時期、長嶋有…

年中ヒゲを生やしている僕が、久しぶりにヒゲを剃ってみて思うこと

僕は年中ヒゲを生やしている。生やし方に特にこだわりはない。毎日剃るのは面倒だし、僕の体質に必要だからヒゲは生えているのだと思うからそのまま生やしている。 そんな僕も一応ヒゲを剃るときがある。冠婚葬祭の時だ。流石にそれはマナーかなと思うので剃…