暑い日、仕事終わり、最初の一口。なぜビールはおいしさを条件付きで語られるのか?

ビールが美味しい季節になった。僕は酒を徐々にやめて行く方向に持っていきたかったけど、夏のビールのうまさには勝てず、また酒飲み街道に戻ってしまった。

 

最近こんなツイートを目にした。

togetter.com

暑い日に飲むビールはうまいとかなんだとか、ビールはおいしさを条件付きで語られることが多いと。強がっていないで実はビールは不味いんだよと言っちゃいなと。そういうツイートである。ビールが嫌いな人がビール好きをうっすらディスっているツイートだ。

 

 

ビール嫌いのビールディス

ビールを飲んでいる人は実際に旨いと思って飲んでいるわけで、強がっているという指摘はよくわからない。

ビール飲みの僕としては、いつも旨いビールが、暑い日などはさらに何割り増しかで旨くなるというだけの話だと思う。もともとの好物を空腹時に食べる方がより美味しく感じるということと一緒なのだ。

ただ、無理やり勧めてくる人がいる結果、ビールを飲む人についてうがった見方を持ってしまったんだろう。

 

共感してもらいたいという本能

では、なぜ飲めない人にビールを勧めるのだろう。これは、共感が欲しいからではないだろうか。

自分が好きなものを多くの人にも好きだと言ってもらいたいという気持ちが根幹にあるのだ。だから勧めるのだ。

僕はいい映画を見た次の日は誰彼構わず「あれ面白かったよ」と言いたくなる。人に勧めたくなるし見た人と話してみたい。見ていない人にも勧めて、「じゃあ今度見てみるわ」との返しが欲しい。

面白さを共感してもらって共有したいのだ。人間の脳の機能に備わっている「仲間をつくりたい」という部分が出ているのだろうと思う。たしか脳にはそういう仕組みがあると何かの本で読んだ。

その面白さを伝える時の言葉が、「暑い日に飲む」だったり、「最初の一口」だったり、「仕事終わりに」だったりするのだ。共感して欲しいから、どうにかして好きになってもらいたい。というわけで、いろんな表現で興味を持ってもらおうとするのだ。

 

しかし、「自分は嫌い、合わない」とすでに分かっている人にこれをしても毛嫌いされるだけである。

例えば僕自身も好みじゃない監督の映画を強烈に勧められても、勧められれば勧められるほど見たくなくなる。反動でより嫌いになっていく。

これがビールの場合、酔っ払った状態で勧められるから、さらにウザくてその悪い印象が残るのだろう。

 

 

結局ビール好きは、仲間を増やしたいという気持ちが根幹にあるのにもかかわらず、ウザいと思われ仲間をより遠ざけているのだ。

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

 

『雲のように風のように』1990年に放送されたテレビ特番の名作アニメ

1990年にテレビで放送されたという「雲のように風のように」というアニメを見た。

僕は見たことはないし、世代でもないのになぜだか知っていたアニメだ。知っていたのは名作アニメとして扱われているからだろう。どこかで紹介されていたのを見て、いつか見たいと思っていた。

 

雲のように風のように』はテレビの特番

このアニメは80分である。最初は映画作品だと思っていたけれど、違った。テレビアニメの特番として制作された作品であるらしい。そう考えるととてもクオリティの高い作品だと思う。

当時はなんとCMなしで一気に放送されたらしい。テレビ局の気概を感じる。バブル時代の恩恵と言うべきか。

雲のように風のように』には原作がある。原作は酒見賢一の『後宮小説』で、これは第1回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しているらしい。この賞は2013年に終わっていたようだが、ちょうど今年に復活するらしい。

 

あらすじと感想

17世紀初頭、中国とおぼしき架空の国で皇帝が逝去。新皇帝の後宮に国中から少女たちが集められることに。妃になれば三食昼寝付と聞いた田舎娘の銀河も入宮することとなる。
宮中の常識にとらわれない自由奔放な銀河の正妃への道程と、新皇帝の座を巡っての陰謀、さらにそんな国情を逆手にとっての謀反の勃発といったドラマが入り乱れ、コミカルながらも壮大な偽史が描かれる。

権力争いになぜか巻き込まれることになってしまった少女が主人公の物語だ。ほとんどコミカルに描かれているが、そこに大人のドラマがほんのりと入り込んでいる。そのバランスが子供向けのアニメとしては秀逸だと思う。

 

テレビの枠という限られた時間の中で、よくもまあ壮大なストーリーをまとめ上げたなと思う。展開はかなり駆け足だが、強引さは感じない。

子供向けアニメなのですこぶるわかりやすい。起承転結がとてもはっきりとしていて、それがいいのだろう。ディティールは荒っぽいけど、こうして基本構成がしっかりしていれば、最後まで集中して見れるものなのだなと思った。

映画によくある隠れたメッセージとか「このシーンはこの比喩なのだ」とか込み入った表現がないので頭を使わずに見れる。その分、足りないディティールを自分の想像を膨らませながら見る余剰があって、それが良かったのかもしれない。

 

そうして子供向けとして、たかをくくって見ていたが、終盤にかけてはシリアスで意外な展開があった。コミカルさの反動でそのシリアスなメッセージが強烈に伝わってきた。この部分に僕はとても心惹かれた。

主人公の銀河が正妃になるところまではすんなりと行く。そんなタイミングで反乱軍が国に攻めて来て王は窮地に立たされるが、この反乱軍の首謀者は、実は銀河が正妃になる前にわりと好意的な形で知り合っている人物である。反乱の理由も「退屈だから」という程度のもの。

というわけで、誰にも分け隔てのない天真爛漫な銀河が中立となり、王と反乱軍を引き合わせて平和的に大団円、というような気持ちのよいスッキリとした終幕になるのかと思ったが、これは僕の安易な想像にすぎなかった。

反乱軍が随分コミカルに描かれていたのでそう思ってしまったのだが、そこまで子供向けのストーリーではなかったようだ。

権力を獲得した男の心境の変化と、権力を持って生まれてしまった男の苦悩がうまく描かれていた。

 

映像の荒さとか劇伴のベタさとか主題歌の時代感とか、初めて見るのにどこか懐かしさを感じた。なにかこう人の温かみというか、優しさを感じた。やはり名作だった。見て良かった。