読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茂木さんが指摘する「お笑い芸人の空気を読む笑い」は日本社会でもよくあること。

1ヶ月ほど前、茂木さんの「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。後者が支配する地上波テレビはオワコン。」というツイートに、芸能人が皆よってたかって噛み付いていた。

それもひと段落した感があったが、この人がまだ残っていた。オリラジの中田敦彦である。

彼は炎上芸人の一人だ。僕はそれほど知らない人なのだけど、今回のブログは素晴らしかった。彼の意見に共感したし、なるほどなと思った。

 

お笑い芸人の「空気を読む笑い」の原因

茂木さんが批判していた上下関係や空気を読んだ笑い。これは「ああひな壇系だな」とパッとイメージしやすいものだ。ただ、「空気を読む笑い」とは曖昧な表現でもある。この状態を中田がさらにもう一歩深く現状を分析していたのがわかりやすかった。

タレント同士の力関係があまりにも強く画面に出てしまっているのは事実だと私も思います。なぜそうなのかというと、MCの権限が非常に強いフォーメーションの番組が圧倒的に多いからなんですね。それはMCの好き嫌いが非常に強く場の空気を支配している構造であり、多くの場合キャスティングをも支配する仕組みなので、ゲストやレギュラー陣はMCに気を使わざるを得ない。

中田は、空気を読んでしまう現状は番組の構成に原因があると言っている。決して芸人批判はしていない。このような構成の番組が多すぎることに問題の一端があるという見方だ。

それにしてもキャスティングも支配する仕組みってテレビのMCの権力すごいな。

 

日本社会でもよくあること

オリラジ中田の空気を読む笑いの分析は、一歩引いてみると、日本社会によくある風景に思える。そのまま重なっている。

会社組織に入り、下から始めれば上の人の意見にはぶつからないようにするだろう。なぜなら上の人の権力がものすごいから。下の者は空気を読みつつ実力を蓄えるしかない。

芸人もMCの権力がものすごいから空気を読んでいるわけである。

なので、この現状がつまらないからといってそれをひな壇芸人のせいにするのは酷である。誰でも、そういう環境下ならそのような手段を取るよねって話だからだ。

ということは、問題は「空気を読まなければ生き残れないという仕組み」にあるのだろう。茂木さんも「オワコン」と言ったのは芸人に対してではなく、テレビに対してだ。

 

ちなみにこの騒動とは関係なく、最近『ぼくらの時代』で厚切りジェイソンらが日本のタレントは政治的な意見をしないと発言していたが、それも仕組みの問題であるように思えた。

海外タレントは個別にエージェントを雇って活動するが、日本のタレントは事務所に所属して活動する。組織に属するので空気を読む結果、個人の意見は言いにくい。

slices.hatenablog.com

 

おわり

日本人といえば空気を読む社会というイメージが強いが、どうやらこれは日本人だからというわけではなく、このような仕組みだからなのだ。今の権力構造の仕組みに合わせてうまく立ち回ると、空気を読むということが重要になる。

それがテレビのバラエティ番組でも起こっているという話なのである。そして中田が言うようにタレント同士の力関係があまりにも強く画面に出てしまっている。

そういうテレビ番組は面白くない。

 

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

 

【2017ポテチショック】今回の騒動で国産使用というこだわりでカルビーと湖池屋は株を上げた気がする

ちまたでピザポテトの値段の高騰が話題になっている。ヤフオクとかメルカリなんかのネットオークションサイトやフリマサイトでは、なんと一時10万を超えるものもあったのだとか。なんだかよくわからない世界観に突入している。ポテチショックなんて呼ばれていたりする。

 

ポテチショックの原因は?

そもそもなぜこんなことになってしまったのだろうか?

これが結構単純な話で面白かった。いや、面白かったというと言い方が良くないかもしれない。理由が単純すぎて逆に興味深かった。

このポテチショックの原因は昨年に北海道に上陸した3つの台風にある。滅多に台風が上陸するイメージのない北海道(知らんけど)だが、昨年8月には異常気象で3つも台風が上陸したらしい。このせいで北海道のじゃがいも農家が大打撃を被り、じゃがいもが69年ぶりの大不作となってしまったのだとか。

ポテトチップス大手のカルビー湖池屋のポテトチップスはその大半が国産じゃがいもを使用しているようで、このじゃがいも大不作の影響をもろに受けてしまうことになった。

というわけでポテチショックの理由は単純である。じゃがいもが獲れなかったから。昨年は異常に天気が悪かったから例年通りにはじゃがいもを収穫できなかったということなのだ。

 

国産のじゃがいもであるというこだわり

このポテチショックのニュースを聞いて初めて知ったのが、カルビー湖池屋のポテチはほとんど国産のじゃがいもが使用されているという事実だ。カルビーは国産85%、湖池屋に至ってはなんと国産100%!2社ともそのうちの約7割が北海道産のじゃがいもを使用している。

なるほど、ポテチがなくなってしまうというのも納得の北海道産じゃがいも使用量だ。それにしても、2社ともこだわって国産を使っているというのは好印象である。2社とも騒動自体では対応に追われて大変だろうけど、一方で国産を使用しているといういい宣伝になったのではないだろうか。特に湖池屋の国産100%のこだわりはすごい。

 

なくなるわけではない

カルビーではこのじゃがいも大不作を受けて、販売休止が15商品、販売中止が18商品。

http://www.calbee.co.jp/newsrelease/170410.pdf

湖池屋では販売休止が9商品、販売中止が7商品であると発表している。

しかし、このポテチ大手の2社とも主力商品、売れ筋商品は残すと発表している。話題になっているポテチショックだが、ポテチがなくなるわけではないのだ。

残るのはカルビーでは「うすしお」、「コンソメパンチ」、「じゃがりこ」の3つ。湖池屋では「のり塩」、「KOIKEYA PRIDE POTATO」、「ムーチョシリーズ」。

僕としてはじゃがりことのり塩とうすしおが残るのであればまったく問題がない。

 

おわり

気になるのはこのポテチショックがいつまで続くのかということ。

なんでも、昨年の台風で種芋までもやられてしまっているらしい。ということは、じゃがいも不足はポテチ業界へ今後も影響する。それでもまあ、食用のじゃがいもが高騰するとまでは言われていないし、繰り返すがポテチものり塩とうすしおじゃがりこが残るのであれば問題ないだろう。

逆にポテチに種類がありすぎて僕は困っている。どれを買っていいか迷うし(ちなみに終売になる北海道バターしょうゆは最近食べたがめちゃくちゃ美味しかった)、ドンキとかでのり塩をなかなか見つけられない問題とかある。ポテチショックで程よい数に淘汰されれば悩むこともない。