脳研究者「やる気という言葉は、やる気のない人間によって創作された虚構

やる気というものは本来存在しないものらしい。そんな記事を読んだ。

r25.jp

脳研究者「『やる気』という言葉は、「やる気」のない人間によって創作された虚構なんですよ。」

 

そもそも人間は行動を起こすとやる気が出てくる生き物らしい。まあ何と無く経験的にわかるし、最近の自己啓発本にもそのようなことが書いてあるイメージがある。

上のページでも言われているが、家事、特に掃除がそうだ。やり始めるとどんどん集中してきて最後まできちんとやらないと気が済まない、という状態までになる。「やる気がない」とダラダラしていた人間とは思えないほどに。これは単に動くだけでそうなるのだ。

「やる気がない」というのはまあ程のいい言い訳のようなものだ。やる気スイッチなる言葉があったりもするけれど、どうやらやる気というのはそもそも存在しないのだ。単に「面倒くさい」があるだけである。

「やる気がない」というのは「面倒くさい」と同義だ。面倒臭い気持ちの別の言い方である。

行動に移る前に、あれをああしてこうしてああなってこうなってと色々と考えていくうちに面倒臭い工程を何度も経なければならないことに気がつき、行動を起こすことが億劫になっていく。先送り人間の僕の日常的な思考回路だ。その結果やる気が出ない、という風に思っていた。

問題は考えるということだ。面倒臭いことに気がつく時間があり、考えてしまうことが問題なのだ。

 

最近では自分自身弱っているなと感じている。自分が好きなはずの映画鑑賞や読書など、エンタメも面倒臭いと感じる。で、その面倒臭さは「考える必要のある作品だから」という点に尽きる。映画であれば2時間集中して伏線など考えたり世界観を把握したりするというのが面倒だったりする。

そう考えているからこそ積ん読は溜まっていくしハードディスクに映画は溜まっていく。

 

そんな僕は今どうなっているのかというと、何も頭を使わなくても読める日常系の漫画を読んだりしている。それもweb上のものでアクセスしやすいものばかり。特に面白さで決めていない。なんとなくブックマークしたから更新したら読むとかそういう感じである。

ブログもそうだ。人のブログは昔よりも読むようになった。その分読書量はガクンと減ってきていると思う。作り込まれた本気のものより、さらっとしたものが読みたくなっている。それは考えるのが面倒だからかもしれない。

映画を見るのも行動だ。実際面倒だと思ってもみ始めたら最後までみる。勝手に頭は働いていく。

思考を続けるのは大事だと思うけど、どうやらそれが妨げになっているようだ。行動しなきゃ。

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com

 

【年功序列ジャパン】ロシアW杯まであと1ヶ月。最終調整試合ガーナ戦のメンバーが決まる。

あれよあれよという間に2018ロシアW杯まであとちょうど1ヶ月である。このタイミングでメンバーを決めるための最終的な調整試合となるガーナ戦の招集メンバーが発表された。

今回選ばれた27人は以下。

GK
川島永嗣(メス・フランス)
中村航輔柏レイソル
東口順昭ガンバ大阪

DF
長友佑都ガラタサライ・トルコ)
槙野智章浦和レッズ
吉田麻也サウサンプトンイングランド
酒井宏樹マルセイユ・フランス)
酒井高徳ハンブルク・ドイツ)
昌子源鹿島アントラーズ
遠藤航浦和レッズ
植田直通鹿島アントラーズ

MF
長谷部誠(フランクフルト・ドイツ)
青山敏弘サンフレッチェ広島
本田圭佑パチューカ・メキシコ)
乾貴士(エイバル・スペイン)
香川真司ドルトムント・ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪
原口元気デュッセルドルフ・ドイツ)
宇佐美貴史デュッセルドルフ・ドイツ)
柴崎岳(ヘタフェ・スペイン)
大島僚太川崎フロンターレ
三竿健斗鹿島アントラーズ
井手口陽介(レオネサ・スペイン)

FW
岡崎慎司(レスター・イングランド
大迫勇也ブレーメン・ドイツ)
武藤嘉紀マインツ・ドイツ)
浅野拓磨シュツットガルト・ドイツ)

 

あいつが選ばれた!というようなサプライズはなく。数日前の海外組発表の時のように、あらゆるところへの配慮でバランスを考えて忖度され年功序列の村社会のような印象を受けた。

slices.hatenablog.com

 

まあ驚きは中島翔哉の落選だろう。これには多くのサッカーファンが疑問視するところだと思う。僕もその一人だ。

なぜ選ばれなかったのか理解できない。直近のマリ、ウクライナ戦で一番出来の良かった選手を呼ばないとは、もう、長年の実績のない若い選手はどうやったって代表に選ばれないんじゃねと思ってしまう。

中島落選の理由はポリバレント性だとか。複数のポジションをこなせないというところで落選に至ったようだ。

中島は左かトップ下のポジションで実際のプレーの幅は広いと思う。中盤に降りてきてボールを引き出したり、サイドでドリブルを仕掛けたり、視野の広いパスを出したり、得点したり。いや、ほんとマリ戦なんかでは攻撃の全部を一人でやっていた記憶がある。それでもポリバレント性はないらしい。わからん。 やはり年功序列ジャパンというより他ない。

原口や井手口や久保(クラブの状況を踏まえあえて今回は見送り、選出の可能性あり)など、コンディションが良かった時に一時的に日本を救った選手は、それ以降結果を出さなくても選ばれている印象がある。フェアじゃないなと普通に思う。やはり年功序列だ。

井手口など、今シーズンは試合に出ていない。それもスペインの2部リーグで。コンディションはどうなんだろう。そもそも、世界でまだ通用しないということじゃなかろうか。浅野もそうだ。というか浅野選出は意味がわからん。最終的な23人には選ばれないだろうけど、今回の招集も謎だ。堂安とか伊藤とか試合に出て結果を出している若く新しい才能はたくさんいるのに。まあ、あの速さはワンチャンあるで、ということだろうか。

他にはディフェンダーの植田もなぜ選ばれたのかわからない。マリ、ウクライナ戦では穴になっていた選手だ。まああれはハリルのもとで言われた通りにプレーして自分の特徴が出せなかったということかもしれないが。

遠藤航もちょいちょい呼ばれるけど良かったという印象はない。ポリバレントな選手らしいけどJリーグでのポリバレント性と世界でのポリバレント性は大きな隔たりがあると思う。宇佐美もなぜか入っているしなあ。ポリバレントをいうなら宇佐美なんでドリブルフィニッシュ人間であり、その精度は最近落ちている感じがあるのだが。オフザボールの動きとかよくなってるんだろうか。代表では活躍したイメージがない。

 

まあシステムから何からハリルホジッチジャパンとはガラッと変わるのだろうし、このメンツに西野監督は可能性を感じているといことだろう。急造であるといことは同時に相手に研究されないという利点もある。西野流の日本代表には期待したい。ガーナ戦は注目だ。