読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ボクらの時代】厚切りジェイソン×SHELLY×パックン 「日本人は四季を感動させたがるけど、四季はどこでもある」

テレビ、ラジオ

今週のフジテレビ『ボクらの時代』は面白い組み合わせだった。

鼎談するのは厚切りジェイソンSHELLYパトリック・ハーランパックン)の3人だ。ジェイソンとパックンはアメリカ人、SHELLYはアメリカ人と日本人のハーフ。テレビ的には被っているので、あまり同じ番組で同時に見ることがない。

ジェイソンは日本に来て6年、SHELLYは国籍はアメリカだが神奈川生まれでほとんど日本人。パックンも日本が長い。3人とも日本とアメリカの両方を知っている立場だ。この目線からのトークが面白かった。

f:id:slices:20170221165841j:plain

 

ジェイソン「日本の文化に感動しないといけない場面がある」

日本でテレビに出る上でハーフと外国人では、どちらかといえば外国人の方がメリットが大きいのではとジェイソンが話していた。これは楽屋裏などでの芸能界のしきたりなどを間違ったとしても「外国人だから」ということで許される部分もあるからだと言う。

逆にデメリットはと言うと、「本当はすごくない日本の伝統文化に対して感動しないといけない場面がある」ということ。おお、結構深いところを話すなあと思った。SHELLYが「うわーすっごい裏の話」と相槌を入れていた。

例えば四季の話がそうだという。ジェイソンのコメントをまとめると

日本のここがすごいという趣旨の番組で、「日本は四季があるからすごい」という話があるが、アメリカにも季節は四つある。

ただ、そう言ったら全面カットにされるからその場に合わせる。だけど四季はどこでもあるよ

というもの。

アメリカ人という立場として、番組的に、「日本の四季に感動しなければならない枠」にはめられている感じがあるのだという。

ジェイソンはちゃんとその場に合わせると言っているけれど、本当のことではないという思いがあるからストレスは溜まるだろう。

 

四季はどこにでもある

SHELLYも厚切りジェイソンの意見に同意していた。外国人の方は結構これ言いますよねーと。「四季を感動させたがるけど、結構四季はどこでもある」と言っていた。

うーむ。確かに日本人は日本の四季に誇りを持っているところがある。日本のいいところと言われて「四季があるところ」という人は意外にいる。うちの社長とか。

僕は学もないし海外に住んでいたこともないからわからない。はっきりと季節が分かれているのは日本くらいなのかなあという印象だった。けれども思い返せばアメリカだって冬には雪が降っているし、夏は暑い。この振り幅があるということはその間もあるわけだ。

アメリカ人からすれば、四季があるという至極当然なことを「日本は四季があってすごいでしょ」と言われると微妙なウザさを感じるのだろう。

 

 

 おわり

今回の鼎談はすごく面白かった。よくある「外国人から見る日本」という趣旨の番組だと、とにかくテンションが高くて振り幅が大きいものを扱うものが多い気がする。僕はそいういうものは疲れるから見ない。

今回の3人の意見は、普通に生活している上での違いを落ち着いて話していたので、地に足のついた意見という感じがした。

これは全員がアメリカ国籍というところが良かったのだと思う。「その差にいちいち驚く」という立場の日本人がいないし、司会者のいないフリーなトークだから面白いのだ。

【ワイドナショー】指原莉乃が清水富美加引退に突っ込んだコメント。「辞めたいと言っても辞められない」

テレビ、ラジオ

今週のワイドナショーでは清水富美加の引退出家騒動に、松本人志とゲストコメンテーター指原莉乃古市憲寿山里亮太がコメント。

この問題については芸能人の多くが「仕事を残していきなり引退した清水富美加はけしからん」という意見だ。騒動から割と時間が経ち、いろいろな意見も出揃った中での今回のワイドナショーでは、清水擁護だったのが印象的だった。

 

意外にも指原莉乃が突っ込んだコメント

今回最も印象に残ったのはアイドルの指原莉乃の意見だった。

今回のワイドナショーメンバーでは指原が年齢も立場も最も清水富美加に近い。大きなグループに所属し、事務所に雇われている側だということを考えると事務所擁護派かと思ったのだが、清水の引退に理解を示したコメントだった。

指原のコメントをまとめると以下。

芸能界をやめるのは難しい。もし自分が太田プロ(指原所属の芸能事務所)に辞めたいと言っても「いやいやいやちょっと待って考えて」と言われると思う。死にたいと言ったとしても女優の場合、公開の映画もまだ先にあるしなどと言われ、引き延ばしにされると思う。絶対に辞められないと思う。

なのでこういう判断は仕方がない。辞めるにはこうするしかなかったのだろうと思う。けれども、本を出すの早い。

かなり突っ込んだ発言だ。僕は指原はアイドルなのでまあ当たり障りないことを言うのかなと思っていたので、このコメントは意外で結構驚いた。

しかし、最もなコメントだと思う。よくぞ言ったと言う感じだ。僕もこのように思っているし、世間もこんな意見の人は多いのではないかと思う。

 

古市憲寿が仕事破棄について

社会学者の古市憲寿清水富美加擁護派と言うか、事務所擁護が多い芸能界に対して疑問を投げかけていた。

古市のコメントをまとめると以下。

清水富美加の引退は)契約破棄だとか仕事破棄だとか言われているが、逆に芸能界はこれまで法律を守ってきたのかなと思う。事務所と芸能人が対等なのかとか、ちゃんと給料という形で払われていたとしてもちゃんと法律を満たしいてるのか、グレーな部分が多かったと思う。

日本は法律に対して例外がある。学校だったら暴力事件を起こしてもいじめと捉えられ、暴力として扱われないことなど。このような例外が許されなくなってきている。

 古市は個人の側の方が強い海外の契約のシステムも紹介していた。

 

松本人志が芸能人の辞めるタイミングについて

松本も概ね指原と同じような意見だった。というか最もな意見。清水を擁護しながらも本の出版には疑問を呈した。

松本のコメントをまとめると以下。

(突然辞めるというやり方については)一つの仕事が終わったら次の仕事、というふうに仕事は順番にくるのではなくて、重なり合って来る。今の仕事をやっているうちに次の仕事が始まるという風に仕事がダブっていく。なので辞める時期のベストというものはない。

こういった状況で二十歳そこそこの女の子が大人相手には戦えない。全く売れていないかものすごく売れていないと事務所を変えることはできない。難しかっただろう。

しかし、告白本の出版で彼女の見方だった人が結構離れていったのではないか。マイナスに働く。

需要がなくなれば自然と辞められるのだろうが、需要があって仕事をやっているうちはどのタイミングで辞めてもどこかに迷惑はかかってしまうことになるのだろう。

でもまあやっぱり本の出版は冷める。指原も指摘したがツイッターではなく本の出版で本音を語るというところにちょっと引いてしまうところがある。

 

おわり

何かに対する意見というのは今回のような倫理観を問われるような問題であるほど難しい。難しいのでその場の空気に左右されてしまいがちだ。ワイドナショーであれば、松本の意見が出た時点でその発言と真っ向から対立する意見というのは出にくい。強い人の強い意見にはその場で反発しにくい。

というわけでワイドナショーは大方が清水富美加に理解を示すが、本の出版は疑問」という意見に着地していた。まあ最もな意見だと思う。僕もそう思っている。

ただ、この発言の流れを生んだのは最初の指原の発言なのだ。最初に指原の100点の回答があったのだ。

自分の立場と経験を踏まえた意外にも突っ込んだ発言だったし、的を射た発言だったのですごいなと思った。この発言にみんなが乗っかったとは言わないが、みんな「これだな」と思ったであろう意見である。

 

 

 

slices.hatenablog.com

slices.hatenablog.com